予定を変更する緩さが必要

働けば働くほどお金は手に入るものであり、節約をすればするほどそのお金を貯金に回していくことができます。将来に備えてお金を貯めておこうと考えた場合に、その限界を考えるとキリがありません。時間のある限り働き、できることを全て切り詰めていけば、その限界に達することもできるでしょう。しかし、それによって生活の質は著しく低下してしまう可能性も否定できません。いくらお金を貯めたいと考えても、日々の生活を疎かにしてしまっては本末転倒になります。貯金にゆとりが出来ても、心のゆとりがなくなり人間味のない生活を送ってしまう人もいます。そういった限界ギリギリの生活を目指してしまうことにならないようにするためには、無理のない目標を決めることが大切です。いつまでにどれだけの貯金をするかということを考えて、具体的な目標設定を行うと、限界に挑戦していく必要はなくなるでしょう。その設定が厳しいと必然的に働き通しになってしまったり、限界までの切り詰めをおこなったりする必要が生じますが、それに気づいたときに目標を設定しなおせば一大事は免れます。貯金をするというのは外的要因によるものではなく、自分で貯めたいと思うからこそ行うものであり、いつその金額や期日を変えても構わないのです。そういった緩い考え方でお金を貯めていくことが精神衛生上良いことは間違いないでしょう。将来に備えるためとはいえ、今の生活を無駄にしまわないように心がけることが人生を楽しむ上で必要な考え方であり、そのための基本となるのがその緩い考え方なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です